40代オヤジの音楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS AL-00のサドルを牛骨に交換・・・。

<<   作成日時 : 2009/06/07 19:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、3月末にオークションで落札した「Antique Noel AL-00」の牛骨サドルの注文に、近所のビンテージアコギ店へ行きました。
画像


ギターからサドルだけを外して、バイクでお店へ・・・。このお店まではバイクで5分弱の距離で、午後の2時過ぎに到着して店主さんと少し雑談して、オリジナルのプラステック製サドルを預けました。

「1〜2日で作っておきます。」とのことだったので、「次の土曜日に取りに来ます。」と伝えておきました。

自宅に戻ったのが午後3時前ごろで、ギターを弾きながらパソコンで遊んでいた4時ごろに、その楽器店から電話がかかってきて、「サドルが出来ました。」とのこと。


これって、早すぎますよね〜!


すかさず「今から取りに行きます。」と答えて、お店へ向かいました。しかし、こういう趣味のお店がすぐ近所にあるのは、非常に嬉しいものです。

このオーダー牛骨サドルの値段は1,500円。材料費は400円程度なので、すぐに作業していただいた店主さんには申し訳ないですが、非常に安くて早く手に入れることができました。

↓上がオリジナルのプラ製サドル。下が今回オーダーした牛骨製サドル。
画像

画像


↓自宅に帰り、早速AL-00へ装着してみました。
画像

画像



研磨する前の牛骨サドルに、もともとオリジナルの高さがなかったので、弦高が若干下がるという前提で作成してもらいましたが、実際に弾いてみると、いい感じの高さになりました。↓
画像


で、音の方ですが、オリジナルのプラ製サドルと比較すると、ウソのようですが、音が若干大きくなり、全体的に音の輪郭がシャープになりました。特に低音弦の鳴りは非常に明るい鳴りに激変しました。

また、2弦開放弦(B音)にあった、強いボディーの共鳴が和らぎ、各音域のバランスが良くなったと思います。

加えて弦高もいい感じなので、長く弾いていても疲れず、大げさですが、「ずっと弾いていたくなるギター」に変身したようです。

そのうち、この激変したギターの音源をアップしようと思いますが、もし、あなたのギターのサドルがプラ製なら、迷わずサドルを替えることをお勧めします。





【送料無料】牛骨サドルで基本サウンドを知る !【サドル】牛骨 漂白 ( 厚2.5mm x 高10mm x 長85mm )
Acoustic Guitar@parts !
▼材質 : 牛骨 ( BONE )▼サイズ : 厚さ2.5mm x 高さ10mm x 長さ85mm▼

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
AL-00のサドルを牛骨に交換・・・。 40代オヤジの音楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる