40代オヤジの音楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日はOvationのメンテナンス・・・・。

<<   作成日時 : 2009/12/26 18:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日はOvation 1868 Elite(1993年購入)のメンテナンス・・・。

年明けにこのギターの出番がありそうなので、今日は弦の交換とあわせてフレット磨きをしました。
ちなみに、あまり弾かないギターがある場合、一年弱でフレットがくすんで(錆びて)きます。このまま使用すると、フレットのすべりが悪いので、ビブラートをかけるとノイズが出たり、弾きにくくなる原因となります。


↓写真の金属製フレットプレート(フレットを磨く時に指板を研磨材でいためないように保護します。)は必需品です。Amazonなどで300円〜500円ほどで入手できます。
画像



一般的にはフレット磨きには「スチールウール」が用いられるのですが、以前ホームセンターで、フレット磨き用に使える研磨材をいろいろ物色していたところ、「シャイネックス サンドシート#1000」というのがあり、今回はこれを使いました。これはスポンジ状の研磨材で、スチールウールのようにポロポロとゴミが出にくく、クッション性もあるので磨きやすいようです。

↓シャイネックス サンドシート#1000(ホームセンターで500円ぐらいだったと思います。)
画像


↓ハサミで必要な分だけ切り取れますが、写真の大きさの半分ぐらいで充分磨けました。
画像



さて、実際にフレットを磨いてみると・・・。
画像


このサンドシートとやら、なかなか磨きやすく、すばやくフレットの錆びや汚れが取れます。番手は一番細かいのですが、仕上がりは「鏡面仕上げ」まではきれいにはなりませんが、目的は充分果たせています。

↓左が研磨後、右が研磨前のフレットです。
画像


さほど力をかけなくてもフレットがきれいになるので、短時間でこの通り全部きれいになりました。
画像


フレットが磨けたら、PLANET WAVESの「HYDRATE (FINGERBORD CONDITIONER)」で指板のクリーニングをします。
画像

画像


次は新しい弦(エリクサー・ブロンズ・ライトのアンチラスト)を張ります。ちなみに、フォルヒには「フォスファーブロンズ」を張っていますが、このOVATIONとANTIQUE NOELにはこちらのブロンズを使用しています。
画像


出来上がり!!
画像
画像



【作業を終えて】
今回試しに使った研磨剤「シャイネックス サンドシート#1000」はスポンジ状でクッション性があり、とても使いやすかったと思います。 必要な大きさにハサミでカットできるのですが、今回は3cm×6cmほどの大きさにカットしましたが、ギター一本分なら、この半分の大きさで充分でした。 

また、価格は一枚300円ほどでしたが、某「PW社製」のフレット磨きキットに比べると非常にコストパフォーンマンスが高いと思いました。





【送料 315円】フレット磨き用プレート PFB500
EbiSoundオンラインショップ
※送料に関しまして複数の商品をお買い上げの場合、送料が加算される場合がございます。その際はこちらから


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

俺はフレットクリーニングには、フェルナンデスのP-PRO CLOTH YELLOWっての使っています。
サンドシートより良いかわかりませんが…。
俺もフレットプレート使用していますが、横が綺麗にならないんですよね。
まぁ弦が当たる所さえ綺麗にすればいいのですが、なんか気になっちゃうんですよねw

プラネットウェイブスのHYDRATE (FINGERBORD CONDITIONER)は初めて知ったのですが、オイルとクリーナーは配合されているらしいですね。
俺はただのレモンオイルですね。
今度Studio-Mのコラムにかかれている、メンテナンスグッズを参考に買った見ようかなぁと思っています。
オレンジオイルとワックスあたりでも…。

でも、今持っているレモンオイルもポリッシュも無くなりそうにありませんw
紅葉
2009/12/28 11:45
こんいちは。ご無沙汰です。

P-PRO CLOTH YELLOWって良さそうですね。ただし、私のように殆ど弾かずに放置していたギターのため、フレットが微妙に錆びている場合は、サンドシートの方が、イッキにきれいになります。(いわゆるサンドペーパー的なものなので、使うのは神経がいりますが・・)

しかし、普段から弾いているギターなら、P-PRO CLOTH YELLOWってきれいに仕上がりそうですね。私も仕上げ用に一度買ってみます。

あと、オイルやポリッシュ類も、そうは無くなりませんね。私も同じで、ポリッシュなんか、いつ買ったのかも忘れるほど昔のもの(下手すると10年前ぐらい)を使っています。基本は「乾拭き」です。
紅葉さん
2009/12/29 13:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日はOvationのメンテナンス・・・・。 40代オヤジの音楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる