40代オヤジの音楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本日は、FURCH G23-CRCTの弦交換・・・。

<<   作成日時 : 2010/01/31 20:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2週間ぶりにFURCH G23-CRCTを弾いてみようと思い、緩めていた弦を巻き上げてチューニングしていたところ、3弦が切れてしまったので、本日はFURCH の弦交換をしました。

画像


古い弦を全て外したところ、フレットの汚れが目立ったので、また今週もフレットを磨くことに・・・。 今日は、研磨用にプラネットウエーブスのフレット磨き用ペーパーを使いました。

画像


画像


フレットが磨けたところで、プラネットウエーブスのフィンガーボードコンディショナーで指板をクリーニング・・・。

画像


次に新しい弦を張ります。 私はこのFURCH G23-CRCTには、エリクサーのフォスファーブロンズを張っています。他のギターは、ただのブロンズなのですが、以前フォルヒにブロンズを張ったら、低音弦が輪郭のない甘すぎる音になってしまい、やはりこのギターにはフォスファーブロンズが合っていると思っています。

画像


おっと・・・。弦を張る前に、弦のすべりがよくなるよう、ナット溝へ2Bの鉛筆をこすりつけます。

画像



弦を張り終えたら、余った弦をペンチで切ります。ちなみに、わたしは余った弦をくるくる巻くのは嫌いです。

画像


画像





はい!できあがり!

画像


弦を交換すると、やはりいい音です。 息子のピアノの練習も終わったようなので、次は私がギターを1時間ほど弾いてみました。 フォルヒって、弾いていると幸せな気持ちになってくるのが不思議です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
フォルヒ良いですよね。
弦綺麗に巻いていますねー。
適当に巻いているので、ナットからペグポストの高さがバラバラです…。
今まで何度も巻いていますが、数週間に一度変えるのでうまく巻く方法忘れちゃうんですよね。

そういえば、ゴトーに変えたらペグポストの高さが低くなったのでテンションが強くなった気がしますね。
音にタイト(引き締まった?)になった気がします。
紅葉
2010/02/05 20:45
>紅葉さん

こんにちは。

フォルヒっていいですよね〜。弾いていると、ホントに幸せな気分になります。

ところで、弦は丁寧に巻いたほうがいいですよ。私は、弦の交換を始めて、約30年が経ちました(笑)

ゴトーはポストの高さが違いましたか?
私は、Antique NoelにSD-90を取り付ける際、ポストの高さなど、メーカーサイトで綿密に点検して購入しました。 しかし、取り付けた後でなぜかポストの高さが低くなってしまいました。それは、ヘッド部分の板厚があり、その分ヘッドの表側に出るポストの高さが低くなってしまいました。

私は、テンションがきつくなるのが嫌だったので、ポスト穴から上側へ(普通は下側)弦を巻いています。
kyotozodiac
2010/02/06 13:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
本日は、FURCH G23-CRCTの弦交換・・・。 40代オヤジの音楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる