40代オヤジの音楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近とても気になる機材の話・・・。

<<   作成日時 : 2010/02/11 18:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近とても気になる機材がこれです。↓
画像


■品名:LINE6 POD X3 Live
■発売日:2007年10月
■当時の定価:84,000円
■現在の実勢売価:49,800円前後
■中古(オークション)相場:36,000円前後


自宅でエレキギターを録音する場合、「Amplitube LE」などのアンプシミュレーターソフトなどを使うこともあるのですが、LE版ということもあり、イマイチよい音がしないのと、録音時のレイテンシー(音の遅れ)が気になります。

つい先日、18年ほど前に買った真空管プリアンプ「ADA MP-1」でライン録りをしたら、、「Amplitube LE」より遥かに良い音がしましたが、やはりラインの音なので空気感がなく、ソロを弾いていても楽しくありません。アコギを弾きはじめてからは、「エレキなんてもう弾かねぇ!」と思っていたのですが、職場仲間とのセッションや、自宅での曲作りなど、やっぱり弾く機会があります。 しかし、大阪で行うセッションへ、昔使っていた5Uのエフェクトラック(電源・プリアンプ・ミキサー・マルチエフェクター×2入り)を電車で持っていく根性はないし、自宅録音でも、手軽にアンプサウンドを録音することも出来ないし・・・。

そこで、今とても気になっている機材が「LINE6 POD X3 Live 」です。LINE6のシリーズは以前から知っていたのですが、実際にメーカーホームページ( http://www.line6.jp/podx3live/ )の音源を聴いて、モデリングだけど結構いい音していると思いました。

対抗機種として候補にしていたのが、「LINE6 POD X3 Live」と同じコンセプトの「BOSS GT-10」です。( http://www.roland.co.jp/products/jp/GT-10/ )↓
画像



実はここ1週間ほど、どちらを買うべきか非常に悩み、つい1時間前に結論がでました。 結論を出すまでに、自分なりに両者の良い点、悪い点を整理しました。

■LINE6 POD X3 LiveがBOSS GT-10より、優れていると思う点。
 ・サンプル音源を聴く限り、歪系の音が良い。
 ・XLRバランスアウトを備えていて、PAへダイレクトに信号を送れる。
 ・ベース用、アコギ用、ボーカル用のプログラムがある。
 ・MP3プレーヤーの音楽とセッションできるような入力端子がある。
 ・パソコンでのエデットが楽(らしい)


■BOSS GT-10が10LINE6 POD X3 Liveより、優れていると思う点。
 ・クリーン系サウンドが良い。(らしい)
 ・価格が安定している。(ほとんどのショップで49,800円)
 ・エデットがしやすく、分かりやすい。


上記のような比較を経て、LINE6 POD X3 Liveが欲しい!と思ったわけです。あとは金策を考えながら、しばらくはオークションとにらめっこが続きそうです。



ラインシックス / Line6 マルチエフェクター POD X3 Live PODX3LIVE
LINE6

ユーザレビュー:
まあまあアンプのモデ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近とても気になる機材の話・・・。 40代オヤジの音楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる