40代オヤジの音楽日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Metronome PRO(ipodアプリ)について

<<   作成日時 : 2010/03/20 14:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

最近、エレキギターのリハビリをしていますが、やはりメトロノームを使った基礎練習が必要だと思っています。

我が家のメトロノームは、子供のピアノ練習用にあるのですが、私のは、中学生か高校生の頃に買った「BOSS Dr.Beat(ボス・ドクタービート)」です。 その昔、これを使って毎日ピッキングの練習をしたものでした。

BOSS Dr.Beat(ボス・ドクタービート)▼
画像



電池(006P・9V)を交換したら、たぶんまだ動くとは思うのですが、なんせ約30年前のシロモノなので、精度に不安があり、楽天などで安いメトロノームを探していたら、2,000円ほどで手に入るようでした。

本日、アップルストアでメトロノームのipod用アプリがないかと検索していたら、ユーザーレビューも評判の良いアプリがありました。

これで230円とは驚きです! BOSS Dr.Beatの電池交換ぐらいの価格で、高機能(テンポのタップ入力、クリック音の変更など・・・)なメトロノームが手に入りました。 

Metronome PRO(230円)▼ http://itunes.apple.com/jp/app/metronome-pro/id336335772?mt=8
画像



タップでテンポを指定する画面▼
画像


さまざまなリズムのプリセットから、例えばボサノバなんかも選べます▼
画像



あわてて通販でメトロノームを買わなくて良かったと思いました。

で、これでどんな練習をするかなのですが、私の場合、右手のピッキング練習基本メニューは以下のパターン(一例)です。この練習は、左手は使いませんが、適当なポジションで左手で弦をミュートします。ちなみに、この練習は中学生の頃からの練習方法で、30数年前、当時の雑誌でリッチー・ブラックモアがこんな練習をしていると紹介されていたものを発展させています。


【右手ピッキング用エクササイズ】※毎日30分程度の継続でピッキングの正確さや、アップピッキングのスピードがつきます。

●6弦(↓ダウンピッキング)⇔1弦(↑アップピッキング)をテンポ=100ぐらいで、8分音符・3連符で右手がつりそうになるまで繰り返し、休んではまた繰り返します。

●6弦(↓)→4弦(↑)→5弦(↓)→3弦(↑)→4弦(↓)→2弦(↑)→3弦(↓)→1弦(↑)→4弦(↓)→2弦(↑)→5弦(↓)→3弦(↑)→6弦・・・・。つまり、1本の弦を飛ばしてピッキングします。これも上と同じように、8分や3連でひたすら繰り返します。

その他にも、いろんなパターンがありますが、興味のある方はお問い合わせ下さい。



程よいコンパクトサイズのクロマチックチューナー【ギター/ベース】【管楽器】【弦楽器】YAMAHA TD-12
宮地楽器 ミュージックオンライン
メモリーバックアップ機能・オートパワーオフ機能(約20分)・発音機能を搭載。さらに純正調の響きを作る

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
いや〜〜
やはり、基礎的な練習が大事になるんでしょうね~ ̄
私は基礎がまったくありませんので、すぐ限界になってしまいます(*´;ェ;`*)うぅ・・・
私は、最近思うんですが、、下手だけに、音の隙間がやたらと不安で、なんか音がなってないとだめなのかと。。
そーすると、メロディーなのかなんなのかわからんような演奏になってるような気がします。

音と音の間というのをどうおもわれますか?また工夫みたいなのはありますか?
oniku
2010/03/22 20:47
>onikuさん

こんばんは。

基礎練習は大切だと思います。と、言いつつ、アコギの基礎練習はしてませんが・・・。f^^;

音の隙間のことですが、言葉で説明するのは難しいのですが、以前にもこのブログで書いたことがあったと思うのですが、「音楽として成り立っていること」が重要だと思っています。

私は学生の頃、「プロっぽく、地に足が着いたような安定感のある演奏」ができなくて相当悩みました。結局、毎日基礎練習を繰り返しながら、同時に「自分の演奏を客観的に聞きながら演奏する」ことを心がけました。

はじめは上手くいきませんでしたが、そう「意識する」だけで、ただ漠然と曲練習をするより、上達しているような気がします。

音と音の間もそうですが、そうやって自分の演奏を客観的に研究しながら、演奏時のメロディーの息継ぎ(=間)を体感していくものだと思います。まずは、メロディーを実際に口に出して歌ってみるのもいいかも知れません。(ウチの息子はピアノの練習では、間を確認するために時々歌います。)

参考になりましたか?
kyotozodiac
2010/03/22 21:11
なるほど〜〜
確かに、そんなことに気付いたのも、録音して聞いてみて、「なんじゃこりゃ!!」と思ったわけですから、客観的に聞いてみて、どうしたらいいのかを繰り返す・・ということですね。
自分のイメージを声に出しながら、撮って聞いて練習してみます。
すごく参考になりました。有難うございました。
oniku
2010/03/22 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
Metronome PRO(ipodアプリ)について 40代オヤジの音楽日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる