Cubse Artist 6.5 へのバージョンアップ

先日My Steinberg からのメールマガジンで、Cubaseのバージョンが「6」→「6.5」にアップするというお知らせがりました。

内容は新しいソフトシンセ(2機)の追加と、VST Amp Rack への50プリセット音の追加、Maximizer、Limiterの追加などです。 (詳しくは メーカーサイト )

メーカーサイトでは今年1月1日~2月29日に現行バージョンの「6」を購入した場合は「6.5」への無償バージョンアップのサービスが受けられるのですが、私の Artist6 の場合、並行輸入品を格安で購入しましたので、その種のサービスが受けられないものと思いこんでいましたが、ダメ元でサポートページから自分のシリアルナンバーを入力したところ、無償サービスのページにつながり、無事6.5へ無償でバージョンアップできました。

画像



話題は変わりますが、Cubaseでの録音中に「プチプチ」というノイズがたまに入ることがあり、バッファーサイズを大きめにとるといくぶん改善されるように思えたので、先週日曜日にパソコンのメモリを増やしてみることにしました。 現在のメモリは4G(2G×2)ですが、Amazonで8G(4G×2)のセットを購入。 しかし、昔と違ってメモリの価格はとんでもなく安くなっています。 購入したメーカーはelixirという名前で、なんと8Gで3,436円(2012年3月末現在)と驚き! いい時代になりました。

また、私のSONY VAIOはモニター一体型のデスクトップ機なのですが、メモリはノートPC用でした。注文するときには、ほんとにこれで合っているのか不安でしたが、きちんと装着できました。

画像



そして昨日は、毎週の課題にしている「作曲とCubaseの操作の習熟」として、午後の時間で短い曲をひとつ作りました。ナイロン弦を使用したもので、PAD系の音色には6.5で新しく搭載されたシンセ「PADSHOP」を使いました。 しかし、使用するコードが単調で、もっと凝った楽曲が作れるように、コード理論をイチから勉強中です。






画像


画像



CUBASE6 Artist6 アカデミック版 Steinberg 輸入版 DVD-ROM
Steinberg Media Technologies GmbH

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by CUBASE6 Artist6 アカデミック版 Steinberg 輸入版 DVD-ROM の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック