テーマ:バンド時代の作品

「バンド時代の音源 「ALL OF MY LIFE」」について

「バンド時代の音源 「ALL OF MY LIFE」」について >俺男さん いつもコメントありがとうございます。 なんでデビューできなかったんですかね・・・というか、する気がなかったんですよ(^^)] ギター音を褒めていただいて嬉しいです。私も高校生の頃にはアイアン・メイデンやマイケル・シェンカーなどハードロックばっか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

バンド時代の音源 「ALL OF MY LIFE」

京都で「FAKE」というバンドをやっていた頃の作品で、録音時期は1993年です。 レコーディングに使用したギターは赤のフェンダーカスタムショップ ストラトです。 この曲も「GET OVER」と同様に、クリア系の音はプリアンプのADA MP-1からDIを通じてミキサー卓へ、クランチ系の音は、MOS VALBEのパワーアンプから…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

バンド時代の音源 「GET OVER」

京都で「FAKE」というバンドをやっていた頃の作品で、録音時期は1993年です。 レコーディングに使用したギターは赤のフェンダーカスタムショップ ストラトです。 スピーカーは使用せず、すべてラインでレコーディングしたと記憶しています。 あと、エンジニアのT氏から借りたアコギでバッキングを弾いています。 録音時のギターセッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンド時代の音源 「月のかけら」

京都で「FAKE」というバンドをやっていた頃の作品です。 この「月のかけら」は、'93年に3曲入り自主制作CDを作ったときのアルバムタイトル曲です。 アルバムのレコーディングは京都のファースト・コールというスタジオで行いました。 また、このスタジオのオーナー&エンジニアのT氏とは、20年以上の付き合いで、プライベート でも良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more